年金家計者はミニマリストに生まれ変われるだろうか?

前月、ディズニーシーに娯楽に行った。
その日はとても楽しくて、真夜中まで物語した。
も、それ以来、気持ちもそぞろでビジネスに無我夢中できていない。
朝4まま起きて、遊んで、9段階からプール行って、10段階から接骨院行って
1段階時分まで休憩して、ご飯食べて、17段階までお銭湯入ったり昼寝して、そこからテレビジョン見て、
19時半時分からEnglishの勉強して寝る。こいつじゃ完全に単なるオタクです。
元本はとっても掛かっていない。縮減暮しです。
年金受給人なので、そういったのんびりした生活をしていきたい。
も、それじゃいけないんだよなあ。食費を稼がないといけない。
元本は、ミニマリストとしてまったくかからない。
不要なものを排除して、必要なものだけとして暮しすれば、元本はすっかり不要。
も、むしろ必要な小物は生じるなあ。ボクはまだ小包が多いぞ。
ミニマリストになりたいけれど、酷いから、ミニマリストは憧れられるんだろうな。
座敷が美人だとねたましい。ボクは座敷は散らかってる。ミュゼ ログイン 予約