チョコレートは、健康に良いのか(食べ過ぎに注意)

ある研究によると、毎日カカオ70%以上含まれているチョコレートを25g摂取した場合は、痴呆症に罹る確率が減ったという結果があるとのことです。
昔はチョコレートを食べ過ぎると、鼻血が出る、虫歯になりやすい、太る、言われていて、どちらかと言えばマイナスのイメージを持たれていました。
しかしここ数年で健康に良いチョコレートが何種類か発売されて、体調のためにチョコレートを食べる習慣が広まり出しています。中でも注目されているのはギャバ入りチョコレートです。ギャバはリラックス効果があると言われていますので、勉強や仕事の合間に食べることで、ストレスを減らしているようです。その他にはチョコレートの成分であるポリフェノールも体に良く、商品の中にはポリフェノールの量を表示しているものもあります。
チョコレートの原料であるカカオには、もとからポリフェノールが含まれていて、カカオの量を増やしていけば、それだけ体に良い効果を与えるようです。
ただ体に良い成分が有るからと言って食べ過ぎには注意しなければならないのです。食べ過ぎにより糖分と脂肪分を摂り過ぎて、太る原因にもなります。アコム 35日ごと